ガソリンスタンド解体工事と土壌汚染について

ガソリンスタンド解体工事での土壌汚染はクリーンプラネットへお任せください。

ガソリンスタンド解体工事での土壌汚染 土壌汚染はクリーンプラネットへお任せください。
【地下タンク掘削堀上後の漏油箇所】

ガソリンスタンド解体工事で、施主様が心配する事の第一が

「油が漏れて土壌汚染を起こしていないだろうか」

「以前から土壌汚染が有ると認識しているが費用は?」等です。

事前に知る手段は、「土壌汚染調査」を行う事ですが

調査費用は高額です。ガソリンスタンド跡地利用は何をするかで

調査の必要性の有無が決まります。

ガソリンスタンドは、土壌汚染対策法の「特定施設」では無く

土壌汚染対策法の義務調査の必要性が有りません。

では上記の写真の様に油汚染が発見された場合どうするか?

ガソリンスタンド解体工事では、地下タンクを掘り上げた後を

埋め戻しをします。良くありがちなのは、敷地内の土を

先に使って埋め戻す等他の清浄土とミックス

してしまう事です。これは汚染範囲を広めてしまい最悪です。

汚染範囲が狭い場合は、特定して掘削して除去するべきです。

施主様はどうしたら良いの?

それはガソリンスタンドの解体工事に精通した業者選びが

必要です。そして漏洩の可能性を打ち合わせ時に

伝えてしっかり対策を取れば安心です。

又、土壌汚染調査も調査物質を27項目全項目行わず

汚染の可能性の有るベンゼン・鉛・油分に限定するように

交渉するべきです。

色々書きましたが、信頼のおける業者選びがその後の費用削減

に繋がります。

汚染物質が有るかも?の「嫌悪感」を払拭する為、業者選びを

慎重に行いましょう。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

 

^