サービスタンクのメンテナンスについて

給油施設のメンテナンスもお任せください。

5月に入り工場様からのお問い合わせに、危険物施設の担当者を

交代引継ぎを行う中に、地下タンクとサービスタンク(小出槽)

の仕組みが今になって解らないと御相談を頂きました。

警報ランプが点灯し不具合箇所の特定が不明との事。

伺うと小さなゴミを濾すストレーナーの詰まりでした。

まず各所の役割や点検方法とその頻度等をマニュアル作成し

担当者が不在時や交代時にもスムーズに点検を行えるように

ご提案差し上げました。地下タンクの漏洩点検も重要です。

燃料使用量が通常より増えた場合漏洩を疑う仕組みも必要です。

【上記画像は工場等で使用されるサービスタンク】

良く見つかる不具合箇所は、配管やサービスタンクの

塗装の剥がれ、液面指示計の故障、各バルブの老朽化による

油のにじみ等です。どれも増し締めだけで治る物や交換する

だけで、漏洩を防げる物なので点検とメンテナンスは重要です。

弊社では漏洩点検時に必ずチェックしメンテナンスの提案を

行っております。

見積りや相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

^