二重殻タンクの検査について

地下タンク検査は認定事業者のクリーンプラネットへ御用命ください。

消防法(法第14条の3の2)により地下タンク及び埋設配管

の定期点検が義務付けられています。

その一部として漏洩検査が有ります。

今回は比較的新しい地下タンク2重殻タンクのお話です。

2重殻=強化プラスチックと鋼鉄製の2重で出来たタンクです

内側が鋼鉄製でその外側に強化プラスチック製の非常に錆や

地下迷走電流の影響を受けにくい簡単に言うと漏洩の危険が低い

安全・安心なタンクです。

定期点検は通常通り行いますが、点検内容は非常にシビアな

厳しい内容です。例えば燃料の荷下ろしを行った後10時間経過

しないと検査は行えません。

「ローリーへの燃料オーダー検査の前々日まででお願いします」

「なんで関係あるの?」こんなやり取りが多々あります。

販売量が多いセルフサービスステーションですと毎日荷下ろし

が必要になる時が有ります。

3年・1年の重要な地下タンク検査ですが、2重殻の安心性から

「大丈夫でしょ」となりがちです。しかし

規定に従い正確で公正な検査をこれからも心掛けていきます。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

^