地下タンク40年規制について

地下タンク老朽化対策は電気防食工事がお勧めです。

地下タンクを埋設し40年以上経過したタンクは改正消防省令

第144号により平成23年2月1日より施行されました。

具体的には、地下タンクに高精度油面計設置・電気防食工事

タンク内面をFRPライニング工事の3工法です。

当時は多くの地下タンクが該当しました。

現在は、当時に高精度油面計を設置し10年の延命を選択した

お客様が、50年目を迎え再度対策を講じなければならなず

今年になり、4件の相談を頂いております。

【外電式電気防食の操作パネル】
【外電式電気防食システム

電気防食工事は、他の工法に比べ低コスト・短期工事可能

ですので、お勧めです。

具体的には、事前調査→工事計画→工事実施→完成検査

となります。

上記の画像の様に、事前調査で計画したポイントに電極を埋設し

効果的に、地下タンクに対し電流を流します。

事前調査では、加圧検査を行い地下タンクの

健全性もテストします。

地下タンクの規制が迫っているお客様は

気軽にご相談ください。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

地下タンク老朽化対策ならクリーンプラネットへ

老朽化対策は電気防蝕工事を推奨します。

地下タンクを埋設して40年経過すると、漏洩の危険性

が有ると認識され所轄消防から、対策をするように通達

が来ます。具体的には下記の様に

  1. 地下タンクを掘り上げて新しく入れ替える。
  2. 地下タンク内部にFRPをコーティングする。
  3. タンク周りに電気防蝕工事を行う。
  4. 高精度油面計を設置し10年間処置の延長を行う。

上記のどれかになりますが、弊社では③の電気防蝕工事

おすすめしています。

理由はコストが安く済む(特にタンクの数が多い場合)

工期が早い。

タンク内の燃料をそのままにして工事が可能。

上記のような理由です。

解りにくいかもしれませんが、地下タンクの周りに

何本かの電極を埋めて、タンクや配管を防蝕する工事です。

工事自体は、1日で終了する事が大半です。

ご不明な点や、相談見積り依頼はお気軽にお申しつけください。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし安全・安心・満足を

クリエイトするクリーンプラネットです。

地下タンク関連記事はこちらもご参考に!

 

^