地下タンク定期点検の期日について

関西の地下タンク定期点検はクリーンプラネットへ

9月も中旬に入り朝晩は幾分涼しくなりましたが、日中は30度

を超える事が有りますね。

10月になりますと、筆者も楽しみにしている兵庫県丹波篠山の

黒豆(枝豆)の収穫時期になります。

新型コロナウイルスの関係で、篠山まつりは中止のようですが

黒豆は順調に育っています。

さて、9月に入り地下タンク定期点検のお問い合わせや御予約を

頂いております有難うございます。

その中でも、多くお問い合わせを頂くのが定期点検の期日です。

お客様:「9月4日が去年の点検日でしたので9月3日までに

     お願いします。」

お客様:「9月8日が期日で期限切れになりましたどうしたら

     良いですか?」

等のお問い合わせが有りますが、令和元年8月27日に

【 地下貯蔵タンク等の定期点検の点検期間の弾力化 】

の法改正が施行されております。

具体的に説明しますと、今迄は9月4日が期日で9月3日までに

検査を行うようになっていましたが、認定業者の予定や

上記にように行うと、1年に最低でも1日づつ早くなりますので

9月が期日ならば、9月30日までに行えば良いと改正

されました。

こういった法改正は、毎年3件ぐらいは有ります。

私たち認定業者が情報提供しなければなりませんね。

地下タンクのお困り事や、見積もりはお気軽にお問合せください

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

滋賀県ガソリンスタンド解体工事終了しました

滋賀県での解体工事や土壌汚染対策はクリーンプラネットへお任せください

9月に入りましたが、まだまだ酷暑が続きますね。

さて、滋賀県での解体工事は無事終了しました。

施主様をはじめ、関係各所の方に助けられ予定より早く竣工

出来た事に感謝しております。

上の2枚の写真は、地下タンクの撤去時に掘り上げられた

基礎です。大変頑丈で掘り出しにくい物です。

この基礎を完璧に撤去しなければ、後で建物を建てる時に

障害となり苦労します。

ガソリンスタンド解体工事は、こういった基礎を取り除く事も

更地にする時の重要なファクターとなります。

解体現場は周辺の住民の方や行政の方もとても親切で周辺には

自然が沢山有りとても良い所でした。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

 

ガソリンスタンド解体工事順調です

関西のガソリンスタンド解体工事や見積もりはクリーンプラネットへお任せください

早い物で明日から9月ですね。でも今年は残暑?とは言い難い

酷暑が続いています。現在ガソリンスタンドの解体工事を

行っていますが、現場での寒暖計は摂氏40度に迫る高温です。

作業も休憩を小刻みに行いながら水分や塩分ミネラルの補給を

怠りません。

最初の画像は、地下タンクを掘り上げた時の画像です。

番号が見えますが、複数のタンクを写真に収めますので

識別の為の番号です。工事は順調に進み9月初旬には竣工です。

酷暑ですので、作業クルーの体調管理と工事の安全管理そして

コロナ対策と気が抜けません。

更地になり、新たな用途に生まれ変わる土地となり

施主様に喜ばれるようにあと一息頑張ります。

いつも思いますが、施主様の喜ぶお顔と「ありがとう」のお言葉

が次のエネルギーとなります。

常にお客様に向き合って行きたいですね!

暑い中作業クルーにも感謝です!

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを取り除き

安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

解体工事はこちらもご参考に!

解体時の規制が2020年4月より強化されました

見積もりに廃棄物処理費が記されていますか?

        【 業務用エアコンの室外機 】

2020年4月よりフロンガス排出抑制法

改正されました。上記の写真のような業務用

エアコンや冷蔵庫、冷蔵ショーケースなどの

フロンガスが使用されている物を廃棄する場合

フロンの回収を行い何処の業者が、どれだけ回収

したかを引取り証明書を発行して貰います。

 解体工事において該当機器が有る場合

フロンガスの回収費用が記載されているか?又は

フロンガス回収費用は含まれているかの

説明を必ず受けましょう。

解体工事見積りに、アスベスト除去、フロンガス回収

は別途と記載が有ります。必ず明確な見積もりを

頂きましょう。追加見積が多額になることが有ります。

フロンの回収証明書も解体工事終了時に、必ず頂いて

ください。提出書類を頂くまでは、解体費用は

支払わない方が良いでしょう。

クリーンプラネットでは、解体工事時にアスベスト

フロンガス回収、PCB等の廃棄物の有無と

処理費用を明確にし見積もりをお出ししています。

お気軽にお問い合わせください。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

 

関西のガソリンスタンドでの土壌調査

調査方法やコスト削減方法

  【 フェーズ2土壌ガス調査 】

土壌調査は、土壌汚染対策法によって調査方法が細かく

決められており、法対象や自主調査でも

同じ方法で行われます。一番上にそのフロー図を

掲載しました。複雑で難解ですね。

ガソリンスタンドにおける土壌調査は、

まずフェーズ2.0その1が大半を占めます。

又、ガソリンスタンドは特定施設に

指定されていないのですが、

廃止時に土壌調査を義務づける場所も増えて来ています。

いずれにしても、オーバーグレードな調査を行う

必要は有りません。

中にはいきなりフェーズ2.0その2から調査を

進める時が有り、良く説明を受ける事が肝要です。

丁寧に説明をしてくれる業者を選ぶことですね。

上記の写真はフェーズ2.0その1土壌ガス調査風景です。

ガソリンスタンド運営中でも作業可能です。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちは、あらゆる土壌汚染のリスクを無くし

安全・安心・満足をクリエイトするクリーンプラネットです。

地下タンクのメンテナンスを行いましょう!

定期検査時に行うと経済的です

  

                          【 地下タンク循環清掃中風景 】

地下タンクは、定期的にタンク内の清掃が必要です。

密閉した地下タンク内に、ごみなどが入るの?

と質問されることが有ります。

主にタンク内と外気温の差やローリーにて荷下ろしする際に

水分が入り、筆者の経験では10KLタンクに多い時には

150L位溜まっていることが有りました。

又、重質油(重油や潤滑油)のタンクでは、

スラッジ(油のカス)が溜まることがしばしば有ります。

クリーニングするメリットは、お客様に安心して綺麗な燃料を

提供出来る事やストレーナーや配管のつまりを防止する事が

出来ます。

又、給油ポンプやその他の付帯設備の負担や故障を

予防出来ます。3年に1度位ちょうど圧力検査時に行う事を

お勧めします。地下タンクのメンテナンスやお困りごとが

有れば、なんなりとご相談ください。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし安全・安心・満足を

クリエイトするクリーンプラネットです。

こちらもご覧ください!

^