奈良県A重油地下タンク検査終了しました。

3年に1度のA重油地下タンク検査を行います。

奈良県地下タンク検査
                 気相部検査中

奈良県香芝市の自家使用A重油地下タンクの検査を行いました。

鋼製一重殻のタンクで40年規制まで約6年程です。

上記写真は遠方注油口よりデータ取得している写真です。

奈良県地下タンク検査
                 液相部検査中

気相部が終わると液相部検査です。

地下タンク検査
              送油ポンプの状況点検します

検査は約4時間で終了しました。異常無しです。

地下タンクが老朽化してくると、気になる箇所や不具合が

生じて来ます。地下タンク点検の際にはお気軽にお尋ね頂き

状況に合った解決方法を御提案しています。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

地下タンク撤去時のタンク洗浄

地下タンク撤去工事は洗浄作業が重要です

このところ幼い子供が亡くなる「事件」が報道されています。

餓死・刺殺・置き去り死・・・悲しいばかりです。

身勝手な大人の犠牲になったお子さんのご冥福を祈るばかりです

今回のお話は、地下タンク廃止前に行う洗浄作業です。

地下タンク洗浄すの汲み上げ画像
【中和剤で洗浄した廃液を回収しています】

最初の画像は、採石場に在った古い給油設備の画像です。

地下タンク撤去工事の為、安全な状態にする為タンク内の残存

危険物を中和し洗浄後、総て回収します。

地下タンク撤去工事
【地下タンク洗浄液をローリーにて回収します】

こうして地下タンク内の安全を確保してから、堀上工事を

行います。この洗浄作業を疎かにすると、大きな事故になり

大変危険です。

地下タンク撤去時の見積内容に、タンク洗浄作業が明記して

無い場合は要注意です。

危険物施設の廃止工事は、このタンク内容物の処理が大切です!

又、洗浄液の産業廃棄物処理も適切に行う事が必要です。

見積にはこの費用が記載されています。

施主様の御理解をお願いします。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

大阪府内地下タンク夜間検査終了です。

夜間のガソリンスタンド地下タンク検査異常無しです。

地下タンク点検計測中

暑い日が続きますね!ガソリンスタンド地下タンク検査

夜間に行いました。夜間作業は冬季は大変寒く海沿いの工場地帯

ですと、氷点下になる時も有り仕事と言えど辛い物が有ります。

でも夏場は21時を過ぎた辺りから日中に比べ作業し易いです。

今回の検査対象タンクは合計6基のタンクでした。

地下廃油タンク加圧検査中
【上記画像は廃油タンク加圧検査中】

6基の地下タンク総て異常無しです!!

夜間検査は静かで涼しく少し孤独な作業です。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

ガソリンスタンド解体工事における地中障害物

ガソリンスタンド解体工事は追加費用にご注意を!

地下タンクの周囲を囲むH鋼
         【 地下タンク周りに打ち込まれていたH鋼 】

立秋とは名ばかりの厳しい「酷暑」続きますね!

無理をせず水分・ミネラルを十分補給して乗り切りましょう。

今回は、ガソリンスタンド解体工事の地中障害物の話です。

これは施主様にとって「追加料金」が発生する可能性が高い

嫌な事例です。通常解体工事見積り時には、図面と現地調査や

所有者様の聞き取り等で見積作成を行いますが、地中部分の

図面等に無い基礎や地中杭は、解体工事を行ってから判明する事

が多く特に古いガソリンスタンド程その傾向が多く見られます。

「追加費用は発生しませんよ。安心してください」等を言う業者

は「要注意です」特にガソリンスタンドではどの物件も

追加費用の可能性は有ります。事前取り決めがお勧めです。

追加費用の必要な障害物が発見されたら、必ず報告と確認を

させてください!費用も教えてください。事後報告はしません。

等を受発注書の中に文章で記載してもらいましょう。

多くの業者は必ず記載していますが、記載が無い業者も

中には有りますので気を付けましょう。

何れも見積りの説明を詳しく丁寧に行う業者を選びたいですね。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

ガソリンスタンド解体工事と土壌汚染について

ガソリンスタンド解体工事での土壌汚染は慌てずに判断を!

ガソリンスタンド解体工事での土壌汚染 土壌汚染はクリーンプラネットへお任せください。
【地下タンク掘削堀上後の漏油箇所】

ガソリンスタンド解体工事で、施主様が心配する事の第一が

「油が漏れて土壌汚染を起こしていないだろうか」

「以前から土壌汚染が有ると認識しているが費用は?」等です。

事前に知る手段は、「土壌汚染調査」を行う事ですが

調査費用は高額です。ガソリンスタンド跡地利用は何をするかで

調査の必要性の有無が決まります。

ガソリンスタンドは、土壌汚染対策法の「特定施設」では無く

土壌汚染対策法の義務調査の必要性が有りません。

では上記の写真の様に油汚染が発見された場合どうするか?

ガソリンスタンド解体工事では、地下タンクを掘り上げた後を

埋め戻しをします。良くありがちなのは、敷地内の土を

先に使って埋め戻す等他の清浄土とミックス

してしまう事です。これは汚染範囲を広めてしまい最悪です。

汚染範囲が狭い場合は、特定して掘削して除去するべきです。

施主様はどうしたら良いの?

それはガソリンスタンドの解体工事に精通した業者選びが

必要です。そして漏洩の可能性を打ち合わせ時に

伝えてしっかり対策を取れば安心です。

又、土壌汚染調査も調査物質を27項目全項目行わず

汚染の可能性の有るベンゼン・鉛・油分に限定するように

交渉するべきです。

色々書きましたが、信頼のおける業者選びがその後の費用削減

に繋がります。

汚染物質が有るかも?の「嫌悪感」を払拭する為、業者選びを

慎重に行いましょう。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

地下タンク廃止工事和歌山県高野町

地下タンク廃止工事を水張りで完了しました。

地下タンク廃止工事を行いました。
水を充填し安全を確保します。
              【 遠方注油口より水を充填 】

和歌山県高野町の給油所廃止工事を行いました。

現地調査時は2月でしたので、積雪が有りとても寒く工事は

暖かくなってから行いました。

各地下タンクはマンホールへの浸入不可でしたので、洗浄作業を

入念に行い、水充填時にはオーバーフローに油分が全く無いのを

確認し各開口部や配管を閉塞しました。

最後に遠方注油口を閉塞し水充填作業は完了です。

高野町はとても静かで、空気が澄み道路にもゴミ1つ無く清潔で

現場の近隣の方たちも非常に優しく協力的に接して頂きました。

ガソリンスタンド廃止工事
【 ガソリン給油ポンプ撤去作業 】

高野町消防署様も工事日程が土曜・日曜にもかかわらず

廃止工事の立ち合いをして頂き(普通はありません)

配慮頂き本当に感謝しております。

そして、工事資材が不足して日曜日の早朝より対応して頂いた

高野町の金物店の店主の方、本当に有難うございました。

おかげさまで工事の方は無事完了しました。

総ての方々に「感謝」と「お礼」を申し上げます。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

 

二重殻タンクの検査について

地下タンク検査は認定事業者のクリーンプラネットへ!

消防法(法第14条の3の2)により地下タンク及び埋設配管

の定期点検が義務付けられています。

その一部として漏洩検査が有ります。

今回は比較的新しい地下タンク2重殻タンクのお話です。

2重殻=強化プラスチックと鋼鉄製の2重で出来たタンクです

内側が鋼鉄製でその外側に強化プラスチック製の非常に錆や

地下迷走電流の影響を受けにくい簡単に言うと漏洩の危険が低い

安全・安心なタンクです。

定期点検は通常通り行いますが、点検内容は非常にシビアな

厳しい内容です。例えば燃料の荷下ろしを行った後10時間経過

しないと検査は行えません。

「ローリーへの燃料オーダー検査の前々日まででお願いします」

「なんで関係あるの?」こんなやり取りが多々あります。

販売量が多いセルフサービスステーションですと毎日荷下ろし

が必要になる時が有ります。

3年・1年の重要な地下タンク検査ですが、2重殻の安心性から

「大丈夫でしょ」となりがちです。しかし

規定に従い正確で公正な検査をこれからも心掛けていきます。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

地下埋設タンク・配管二次検査補助事業

地下タンク検査補助申請受付中です。

地下タンク検査画像
【地下タンク減圧検査画像】

御存じかと思いますが、2022年5月より地下埋設タンクと

配管二次検査の補助金申請受付が始まっております。

1年又は3年に1度の地下タンク検査は、ガソリンスタンド様

にとっては漏洩の有無を専用機器で数値化して正確に詳細が

判明する大切な検査で有り、一方では費用が掛かる検査ですね。

この補助事業は、地下タンクは元より検査結果で異常が

認められた場合に、個別検査を行い異常個所を特定する工事等

まで補助範囲に含まれます。

非常に有効で有り難い補助事業ですね。

申請条件や申請書の書式は、全国石油商業組合様のホームページ

に解り易く掲載されています。

弊社へ御用命頂ければ申請から検査まで一括して対応可能です。

大切な施設を守り漏洩を防止し環境保全に貢献しましょう。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

堺市排水機場地下タンク検査

地下タンク検査はクリーンプラネットへ

堺市地下タンク検査

近年頻発している大規模な風水害は、私たちの生活にも大きな

リスクとなり危機感が高まりますね。

堺市の排水機場は、降雨により水面が上昇する時に排水ポンプを

運転し、河川の水面上昇を防ぐとても大切な役目をする施設です

ポンプの動力源はA重油を使用し、20KLの地下タンクを

備えています。

堺市建設局様よりご用命を頂き、地下タンク検査を行いました。

排水機場内は、清掃が行き届きそして地下タンク施設は抜群の

安全設計で、タンク室、露出配管等漏洩リスクの心配の無い

施設です。当然検査結果も問題は有りません合格です。

市民の生活を守る施設は、危険物施設のお手本でした。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

 

サービスタンクのメンテナンスについて

給油施設のメンテナンスは定期的に!

5月に入り工場様からのお問い合わせに、危険物施設の担当者を

交代引継ぎを行う中に、地下タンクとサービスタンク(小出槽)

の仕組みが今になって解らないと御相談を頂きました。

警報ランプが点灯し不具合箇所の特定が不明との事。

伺うと小さなゴミを濾すストレーナーの詰まりでした。

まず各所の役割や点検方法とその頻度等をマニュアル作成し

担当者が不在時や交代時にもスムーズに点検を行えるように

ご提案差し上げました。地下タンクの漏洩点検も重要です。

燃料使用量が通常より増えた場合漏洩を疑う仕組みも必要です。

【上記画像は工場等で使用されるサービスタンク】

良く見つかる不具合箇所は、配管やサービスタンクの

塗装の剥がれ、液面指示計の故障、各バルブの老朽化による

油のにじみ等です。どれも増し締めだけで治る物や交換する

だけで、漏洩を防げる物なので点検とメンテナンスは重要です。

弊社では漏洩点検時に必ずチェックしメンテナンスの提案を

行っております。

見積りや相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

^