解体工事とアスベスト

工事前アスベスト調査は必須です。

3月に入り春までもう少し?とは言い難い朝晩の冷え込みですが

後2週間もすれば暖かくなるでしょうね。

今回はガソリンスタンド解体工事で大切なポイントになる項目の

アスベスト調査と除去のお話です。

    

         【 天井部分は石綿含有建材レベル3 】

アイキャッチ画像や上記の天井部分の画像は石綿含有建材使用

のレベル3に相当します。(石綿=アスベストです)

アスベストが含有していると「悪い」印象が有りますね。

しかし1960年代から1980年代まで非常に多くの

石綿が建材に使用されて来ました。

防火・保温・耐摩耗・防音・耐薬品に優れしかも安価で。

まさに奇跡の材料でした。特に耐火材料としては多くの尊い生命

を守り財産を保全する事に寄与しました。

しかしながら、健康には非常に有害な事が判明しており

2018年より重量比0.1%以上(もうこれは総てと同様)の

石綿含有は解体時には、除去も処分方法も厳格に取り決めが有り

違反をすると思い罰則が科せられます。

石綿は、肺がんや中皮腫の発症の原因になり潜伏期間も

30年から50年と非常に長く日本ではすでに死亡者が急増

しており、今後さらに増加する事が懸念されています。

加えて石綿は非常に多くの建材に使用された為、石綿含有の有無

の判別も多くの知識と時には正確な分析を要求されます。

それだけに解体工事前のアスベスト含有調査は、非常に慎重に

正確かつ公平に行わなければいけません。

       【 天井部分にもアスベスト含有の恐れが有ります 】

筆者の知る所では、幼稚園の横の建物を解体時に調査では

「石綿含有無し」が実は解体後に「有り」だったと言う

事が判明した許されない事態も起きています。

そのような事が絶対無い様に2023年10月より法令により

石綿含有建材調査者の資格を持った者が調査の任を受け持ちます

筆者もその1人ですが、大変責任が重く調査の度に、何度も

繰り返し確認をしながら進めています。

ガソリンスタンドの建物は、防火の観点から石綿含有建材の使用

が多く見られます。解体時には周辺住民や作業をされる方

アスベストを暴露量ゼロにする為にも調査が重要視されます。

当然除去作業は、十二分に慎重に厳格な作業が必要です!

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

ガソリンスタンド解体完了です。

アイキャッチの画像は、解体終了の更地状態の画像です。

上の画像は着工前の画像です。

兵庫県でのガソリンスタンドと隣接する計量所の解体工事

を行いました。施主様の日頃からの近隣住民と

コミュニケーションの良さが大変感じられました。

近隣住民の皆様は、ご理解ご協力を頂き本当に助かりました。

工事は、天候にも恵まれ予定より早く竣工しました。

ガソリンスタンドの解体工事は、危険物の処理や関係行政

への届け出も多数あり、又施設自体は頑丈に出来ており

どうしても騒音や振動が大きくなりがちですが、近隣の皆様の

ご理解が大変重要です。

工事前の挨拶回りや、学校・病院・介護施設等への周知

周辺道路の交通量や通学路の確認等多くの確認事項が有り

怠るとクレームや事故にもつながる恐れが有ります。

これからも気を抜くことなく行っていきます。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

ガソリンスタンドでの地下水対策工事

地下タンク堀上時に地下水位を下げる工事

  

酷暑の季節が過ぎ、朝晩は涼しくなって来ましたね。

秋雨が有り平年通りなら降雨量が多くなります。

ガソリンスタンド解体工事では、地下タンク堀上時に一番

深く掘削をする為、どうしても地下水対策が必要になる場合が

有ります。

上記の画像は、ガソリンスタンド解体工事に地下水が出る場合

地下水をくみ上げて、掘削工事が出来るようにする工事画像です

簡単に説明しますと井戸のカーテンを作り地下水をくみ上げ

その間に地下タンクを掘り上げる仕組みです。

井戸が無ければ?・・・そのまま掘削すると土が沼の様になり

重機も埋まる事になります。

地下水が出なければ必要では無いのですが。

大阪市内は、2.5mも掘れば地下水が湧き出します。

海沿いの埋め立て地は、地下水位が高く上記の様な工事が

必須となります。

施主様にとっては、コストアップになりますが理解して

頂いております。

何れも「仮設」の部類に入り、終われば何も無くなるのですから

コストアップは嫌ですね。

工事計画と実施状況をなるべく合わせ早く終了出来るようにして

コストダウンを図ります。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

合わせてこちらもご覧ください。

ガソリンスタンド解体工事と水道漏水について

解体工事はクリーンプラネットにお任せください。

新年から積雪による被害がニュースで報じられています。

立ち往生しているドライバーさんや除雪作業をしている方

本当にご苦労様です。

冒頭の画像は、水道管凍結による漏水を長年知らずに閉鎖し

解体工事によって判明した事例です。

通常水道使用量が格段に増えると、検針員が教えてくれます。

このガソリンスタンドは、どうだったかは不明ですが

とにかく凄い湧水でした。

漏水の有無は、水道メーターのパイロットを見れば判明します。

総ての蛇口を閉めて、パイロットが動かなければ異常無しです。

動いているなら、すぐに水道局に電話です。

漏水の点検は、定期的に行いましょう。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

解体工事関連記事はこちらもご参考に!

解体工事の計画と管理

解体工事の事前調査から届け出まですべてクリーンプラネットへお任せください

今年も後少しとなりました。今回はお問い合わせの多かった

解体工事前の調査や届出等についてのお話の中の、

工事計画についてです。

工事計画の中で、建設業法や労働安全衛生法は決められた

事を厳守する事で施主や元請け人・下請け人・周辺住民の

安全や安心が確保されます。

しかしそれだけでは済まない事も有ります。

質問の中に、「解体工事前にお祓いをした方が良いですか?」

「敷地内に井戸が有りますどうしたら良いですか?」等です。

前にも書きましたが、弊社では結構縁起を担ぎます。

井戸はお祓いの後梅の枝と葦を埋めて「埋めてよし」等

とし井戸の底に川砂利や礫を入れ息抜きの竹を麻ひもで括り

埋めます。

又、工事着手日(乗り込み日とも言います)も六曜で大安・先勝

建築吉日の 平(たいら) 建(たつ) 定(さだん)

満(みつ) 成(なる)等が良いとされます。

工事着手前に解体工事敷地の角にお酒と塩で清め結界を

作る事が有ります。(邪悪な物が入って来ない様にです)

これらは、工事計画に必ず組み込み、お祓いやお清めをする前に

決して着工しません。

気持ちの問題ですが、迷信だと侮ってはいけません。

スッキリする事に越したことは有りません

弊社にとっては大切にしている事です。

大切なお客様の土地を跡地活用する為にも良いと信じています。

弊社では解体工事の計画や相談・見積り依頼を

お待ちしております。

何なりとお申し付けください。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

解体工事記事こちらもご覧ください!

解体工事と敷地境界について

解体工事の御相談はクリーンプラネットへご用命ください

         【 上写真敷地境界標 】

解体工事を行う前に事前調査を行います。

建物の構造形式や老朽度・規模・用途・有害物・危険物等

建物その物の情報収集と、周辺施設や道路状況等の

周辺状況の情報です。

上の写真は、建物の敷地範囲と隣地を示す境界標です。

大切な財産を示す物ですので、大事に扱われています。

冒頭の画像は相当古い境界標です。

筆者も仕事柄沢山の境界標を見て来ました。

戦前の物もたくさん現存します。

解体工事を着工するにあたり、気を遣うのがこの境界標です。

     【 防火塀に取り付けられた境界標 】

上の写真はガソリンスタンドの防火塀に取り付けられた境界標です

解体しますので、逃げ杭(控え杭とも言います)を

解体工事施主と隣地所有者立会いの下確認します。

解体工事終了後逃げ杭より復帰します。

大事な土地の範囲を示す境界標は、ご自分の誕生日や歳末に

確認をすることをお勧めします。

弊社では解体工事に関するご質問や御相談をお待ちしております

何なりとお申し付けください。

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

解体工事はこちらもご参考に!

 

ガソリンスタンド解体工事後の試掘

ガソリンスタンド解体工事はクリーンプラネットへお任せください。

今月御相談頂いた案件で、約9年前ガソリンスタンドを廃業し

駐車場にしていた土地を、今回売却が決まり建設会社が調査を

した所地中障害物が見つかり売り主瑕疵責任で

撤去をしなければならず土地の引き渡し期限が決まっており

早急な撤去を御依頼頂きました。

当時の図面が有り建設当初からの改築後の図面も有りましたが

「試掘」を再度行いました。

上記写真の浄化槽の基礎や、大割のコンクリートガラ

廃棄物などが埋められていました。

当時の解体業者は、現在は解散していましたので

責任の追及はできなかったみたいで大変お気の毒です。

コンクリートガラの処理や、廃棄物の分別を行い

適切に処理させて頂きました。

又、油汚染土壌も有り場外搬出し最終処分場へ搬出しました。

ガソリンスタンドの解体後の「試掘」つまり基礎部分や

地下タンクの埋設部分の解体工事後の試験掘りは

通常行われており、基礎の堀上時の画像は必ず撮影をします。

国の補助金申請後の工程写真の条件は厳しいのですが

基礎等の地中障害物迄の画像は求められていません。

しっかり基礎を撤去して貰い土地の転用や売却時に

困らないようにしたい物ですね。

弊社ではガソリンスタンド廃止時の相談や見積り

セカンドオピニオンも承っております。

どんなことでもお気軽にご相談ください。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする。

クリーンプラネットです。

ガソリンスタンド解体工事はこちらもご参考に!

 

解体工事の見積もり作成

解体工事の見積もりはクリーンプラネットへお任せください

10月に入り解体工事の見積もり依頼が増えております。

お客様のご要望の中で、「1円でも安くコストを抑えたい」が

最も多く(当然ですね)そこで、建物の中の残置物は有りますか

とお聞きするとタンスや机、衣類などの廃棄したい物もこの際

お願いしたいとの事です。しかし、解体工事予定まで余裕が有る

のなら施主様で廃棄する事をお勧めしています。

例えば筆者の住む堺市なら東区石原町や臨海の築港八幡町などに

クリーンセンターが有り家電を除く廃棄物なら100kgで1700円

です。解体時に一般廃棄物を業者に委託すると高い物となります

堺市の住民で有れば利用可能なので、業者に同行して処分も

良いかと思います。

又、工事時期ですが一般的に1月~3月は繁忙時期ですので

避けた方が良いかもしれません。

更に、解体工事の種類によっては得手不得手が有るのも事実です

複数の業者から見積もりを取りましょう。

弊社ですと、ガソリンスタンドなどが得意分野です。

見積金額ですが、同じ解体工事でも3割近く差が出る時も

有ります。極端に安い時は要注意です。

工事に必要な人員や養生、廃棄物の適正な処理等で

コストカットを行い、近隣に迷惑をかけたり行政からストップ

されたり等トラブルに繋がります。

弊社では、廃棄物処理やアスベストの除去対策などの相談や

セカンドオピニオンもお受けいたしております。

お気軽にご相談ください。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

解体工事はこちらの記事もご覧ください!

土壌汚染対策工事その前に

近隣住民への挨拶は重要です総てをお願い出来る業者選定を!

土壌汚染対策工事を行う時に、事前に周辺の住民への工事の

挨拶や工事内容の説明が必要です。必ず掘削工事が有りますので

振動や騒音は無くす事が不可能です。挨拶や説明により理解を

頂かなければなりません。挨拶もせずに土壌汚染対策工事を行い

工事を止められ最悪は裁判にまでなった事例をセミナー等で

伺ったことが有ります。

工事の挨拶は、その当該地の特色にもよりますが、住宅地や

古くからの町ですと、町内会長さんがおられます。

町内会長さんも、地域により町内境界近くに工事地が有る場合

どちらにも挨拶する必要が有ります。

又、ダンプ等の車両が往来する場合、幼稚園、保育園、小学校等

通学時間を把握し、その時間帯には通行しない配慮が必要です。

子供さんに関係する箇所は必ず挨拶と工事内容の説明が

必要です。

後は、住民説明会が必要ならば(なるべく開催した方が良い)

挨拶状に記載し余裕を持って開催します。

挨拶の手土産ですが、弊社ではハンドソープや食器洗い洗剤

を必ず持参します。単価は約300円前後です。

こうして着工となりますが、工事中も周辺清掃や通行人への挨拶

工事車両の出入り誘導等配慮が必要です。

工事見積りの中に、「周辺対策費」や「安全管理費」等が

記載されています。これが上記にかかる費用です。

工事も勿論の事ですが、周縁対策や安全管理のしっかりした

業者を選びましょう。

それには、「近隣挨拶は計画されていますか?」の質問に

挨拶文や予定日時・手土産は何を近隣地図等を示し

具体的に説明出来るかを判断してください。

弊社では御相談や見積もりは勿論無料ですので、

お気軽にご相談ください。

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし安全・安心・満足

をクリエイトするクリーンプラネットです。

井戸の安心な埋め立てについて

井戸の埋め立ては手順を踏んで丁寧にしましょう。

 

           【 解体工事中に発見された古井戸 】

上記の画像は、ガソリンスタンド解体工事中に発見した

古井戸です。施主の方もその存在を知らず、近隣のお年寄りの方

が昔田んぼが有り使用していた記憶が有るとの事でした。

弊社も井戸の埋め立ては幾度も経験が有ります。

「井戸埋め立て清祓(いどうめたてきよはらい)」という

お祓いを行います。日本人は農耕民族でしたので、食料の確保

には水が大きく影響しました。又、神が宿る場所として大切

にされて来ました。令和の現代にと思う方もいらっしゃいますが

弊社では、お祓い→埋め戻し→井戸の枠を撤去→整地の順で

行います。

尚、埋め戻し時に竹筒(節を抜いた物)もしくは塩ビのパイプ

で息抜きが出来るようにします。

更に周辺でまだ井戸を使用している場合、水質に影響する

場合が有るので、埋め戻しには川砂を使用します。

井戸等が無ければ、施主様に了解を頂き砕石等で埋め戻します。

お祓いの時には、これまでの水の恵みに感謝をし、埋める理由

を申し上げ、元の御座にお帰り頂くようお願いします。

そして工事再開です。

井戸の埋め立て費用は、お祓いも含めて約10万円の出費

となります。あらかじめ井戸の存在が判明してる場合は

当初の見積もりに含まれます。

解体工事に付帯するあらゆるリスクやお困り事は、遠慮なく

お気軽にご相談ください。相談見積りは無料です。

「ありがとうを未来に残そう!」

私たちはあらゆる土壌汚染のリスクを無くし

お客様の安全・安心・満足をクリエイトする

クリーンプラネットです。

こちらもご参考に!

 

^